2002年1月20日(日) 東儀 秀樹 新春コンサート<第一部>(きららさん)

東儀 秀樹 新春コンサート
 

        2002.1.20(日)大阪 シアタードラマシティー  14:00開演

  シアタードラマシティーは、「茶屋町アプローズ」という複合ビルの地下にあります。
  コンサートより、演劇で使われることの方が多いです。
  一階は梅田コマ劇場で、その上の階が高層ホテルです。
  目立つ建物なので、遠くからでもよくわかります。
  大阪駅から地下街を通って10分くらいで行けますが、方向音痴には辛いです。
  私なんて、着くのに1時間はかかります。^^;
  
  今日はホテルから、タクシーで行きました。
  いきなり渋滞になり、開演時間に間に合うかあせりましたが、ぎりぎりに何とか間に合ったので
  ホットしました‥。^_^;;

  今日は会場に入った時から、華やいだ雰囲気が漂っています。
  お洒落をした若い女性が目立ちますが、かなり年輩の方もいらっしゃいます。
  親子で来ているのでしょうか?小学生の女の子もいます。
  着物姿の女性もいつもより多いです。
  今回は男性の姿を多く見かけました。
  ご夫婦、恋人同士で来ている方が多いようです。

  東儀さんグッズが、飛ぶように売れていました。
  私もCD、ビデオ、パンフレットを買いました!
  グッズ売り場のとなりに、狩衣を着たテディベアが置いてありました。
  気になりましたが、すでに開演時間です。 
  後でゆっくりみることにして、ホールの中へ‥

  私の席は、1階8列目右よりです。
  何故か、東儀さんのコンサートに訪れる度に、席が後ろの方になっていきます。
  倶楽部会員特権の先行予約にもかかわらず‥。
  年を重ねるほどに、ファンが増えていくのですね‥。
  会場内には、ほのかにお香の香りが漂って‥何故か、心が段々落ちついてきます。
          
            〜 第一部 〜

  暗い会場の幕が揚がると、一気に平安王朝の時代にタイムスリップ!
  一面の牡丹畑が広がり(絵ですが‥)、何処からともなく、小川のせせらぎが聴こえてきます‥。
  そして、月明かりに照らされた舞台が目の前に‥

  雅楽師のメンバーの方々の、その華麗で豪華な衣装、雅楽器の美しさに、会場内からは少し
  どよめきが起こりました。
  そして、白い狩衣を着た東儀さんが静かに登場‥。
  その清楚な美しさにため息です。
  皆さん、正座して中央から左よりで演奏されています。
  真ん中で演奏される東儀さんの姿が、前の人の頭で見えず、始めはのぞきこむようにして
  見ていましたが、段々首が疲れてくるので、途中から目を閉じて聴いていました。
 
                       東儀 秀樹 〔篳篥〕 

  岩佐 鶴丈 〔篳篥、琵琶〕      遠藤 徹 〔鞨鼓〕       紀 善久 〔太鼓〕

  須崎 時彦 〔篳篥〕         田淵 勝彦 〔篳篥〕    中大路 美恵 〔鉦鼓〕
 
  野田 美香 〔琴〕          原田 早苗 〔龍笛〕    牧嶌 雅楽子 〔笙、鉦鼓〕
  
  宮丸 直子 〔龍笛〕         山村 元亭 〔龍笛〕


    〜管弦曲 「平調音取(ひょうじょのねとり)」〜
  音取とは雅楽の合奏をするとき最初に奏する曲で、次に演奏する曲目の属する調の雰囲気を
  かもし出すための短い序曲です。
  平調とは雅楽の階名(音階)のひとつで洋楽のミ(E)に近い音程です。
  つまり平調を基音とした曲を演奏するときに、平調音取を最初に演奏する訳です。
  各楽器の音頭(主奏者)による演奏は、雰囲気を作ると同時に、楽器の音律を整える意味も
  含まれています。
  つまり調音(洋楽でいうチューニング)が、高度に様式化したものです。
  このように美しく多様化したのは、平安時代中期頃ともいわれ、日本人の美意識の象徴といえます。


    〜管弦曲 「ケイ徳(けいとく)」〜 
  平調の管弦曲の小曲です。
  鶏は五つの徳を持つといわれ、その五徳によって曲が作られていると伝えられています。
  文、武、勇、仁、信、つまり鶏冠が<知恵>、足は<力>、戦う様子からは<勇気>、食を見て喜ぶ様で
  <喜び>を、夜を守り朝を告げることで<信頼>を表すとされています。
     ※ ケイ徳のケイという字‥検索して出てきたのですが、画面上には?しか変換しませんでした。 ごめんなさい。


    〜管弦曲 「弓月(ゆうづう)」〜 
  この曲は、古典雅楽の管弦と変わらない表現方法を用いて作った、僕のオリジナルの雅楽曲です。
  平安時代の貴族たちは花が綺麗だから、月が美しいからと言っては、家族や友人と雅楽を奏でて
  楽しんでいたようです。
  その雰囲気を現代でも大切にしたいと思い、湧きあがった曲がこの弓月です。
  ちなみに古文書によりますと、僕の先祖には弓月王(ゆうづうおう)という帰化人がいるそうです。


    〜管弦曲「笙〜衣由羅(きゆら)」〜
  衣をゆらす風。 
  誰かの想いが風にのって伝わってきているかような空気を表現した笛の独奏曲です。


    〜管弦曲 「陪臚(ばいろ)」〜
  天平8年(736)に、インドの層の菩堤僊那と林邑(今の南ベトナムあたり)の層の仏哲とが我が国に伝え、  
  奈良の唐招提寺に収められた曲の1つといわれています。
  唐招提寺の4月8日の仏誕会(陪臚会ともいう)には、この曲が必ず演奏されました。
  また大仏開眼のときにも奏されたといわれています。 
  「聖徳太子はこの曲をか奏してから戦い、守屋の軍を破った」あるいは「八幡太郎義家は出陣のたびに
  演奏し、七回繰り返したときに舎毛音があれば戦いに勝つ」、というジンクスのようなものに用いられたと
  いう記述がありますが、舎毛音がどのようなものだったのかは残念ながら知られていません。
  2拍子と4拍子のユニークなリズムの曲です。
  舞を伴うこともあります。 


    〜楽舞 「貴徳(きとく)」〜
  中国漢代に匈奴(きょうど)の王が漢にくだり、貴徳候(きとくこう)として封ぜられた故事によって作られた、
  品格のある舞です。
  高麗楽(こまがく)という、笙の入らない伴奏で舞う一人舞いです。
  人肌の色の面に龍甲(たつかぶと)、太刀をはき鉾を持って舞う勇壮な姿や、両手先の指の形(剣印)など
  がみどころです。
  破と急とで構成される組曲ですが今回はより躍動的な急のみを舞います。

  雅楽はどの曲もとてもゆったりした感じで、時間がゆっくりゆっくりと、まるでスローモーションで動いている
  ような‥
  篳篥や龍笛の音色が段々身体に染み渡っていくような‥
  笙の音色で何だか宙を漂っているような‥身体が少し浮いているのでないか‥? 
  そんな錯覚感がありました‥。

  私には、どの曲も同じに聴こえ‥違いがわかりませんでした‥。
  笙は演奏していない間は、いつも火鉢のようなモノで温めていました。
  皆さん、指揮者も楽譜も無しでも、息をぴったり合わせて‥凄かったです。
  改めて、楽師の凄さを知りました。

  東儀さんは「弓月」の演奏終了後、一旦舞台を静かに離れて行かれました。

  ‥正直いいまして、雅楽のゆったりした演奏があまりに気持ちよく、「衣由羅」の龍笛の優雅な音色が、
  私には子守り歌に聴こえ‥つい船を漕ぎ出しました‥^^;

  「陪臚(ばいろ)」演奏終了後、楽師の皆さんは舞の舞台を空けるため、静かに左右に移動されました。
  楽師の皆さんの移動後、狩衣をきた別の方が来て、舞台中央に残っていた雅楽器を移動されました。

  「貴徳」の演奏が始まると、鶯色をした華麗な衣装に身を包んだ東儀さんが面を付け、鉾を持って静か
  に登場されました。
  舞もゆったりした感じで、舞というより 太極拳をゆっくりしているという感じでした。
  ‥でも迫力はありました。  
  東儀さんの舞でぱっちり目が覚め つい見とれてしまいました‥。 ^^;

  東儀さんの舞で弟一部は終了しました。
  平安王朝絵巻の優雅な世界に酔いしれた、ひと時でした。
 

            〜 休憩 〜

  休憩時間に、あのテディベアを見ようとロビーにでました。
  狩衣をきたテディベア、とても可愛かったです。綺麗な狩衣でした。

  横の東儀さんグッズはほとんど売り切れていましたが、お香が一個、テディベアの後ろに隠してあるよう
  に置いてありました。
  お香が一つ折れているという理由で隠してある、と係りの人が言っていました。
  折れててもいいからと言って、私は売ってもらいました。
  悲しいかな、関西人の性でつい傷モノということで、値下げを交渉しましたが、係りの人は特別の限定品
  ということで、値下げしてくれませんでした。(ーー;)
  少し迷いましたが、他のコンサートでは売らない特注品というので、最後の一個を買いました。^^;
           
 第二部へ続く> 
    



戻る
戻る